低GI食品とは

低GI食というのを聞いたことはありますか?ダイエット特集や糖尿病の治療食などを見たことがある人は目にしたことがあるかもしれませんね。

 

GIというのは、食後血糖値の上昇度や、食品に含まれる糖質の吸収度を表すものです。GI値が高ければ、食後に急激な血糖値の上昇がある、その食品の糖質の吸収度が高いということになります。GI値が低ければ、食後の血糖値の上昇は緩やかで、その食品の糖質の吸収度は低いと言えます。糖尿病の治療中の方には、とても影響があるのがわかるのではないかなぁ、と思います。

 

では、なぜダイエットでも低GI食品が注目されるのでしょう?それは、血糖値をコントロールするインスリンというホルモンの働きに関係があります。インスリンは食事で摂った糖質を体のエネルギーに変える働きをするホルモンです。たくさんの糖質が一度に入ってきた場合、今必要なエネルギーとして糖を吸収します。一方、インスリンには脂肪の分解を抑制する働きもありますから、急激な血糖値の上昇のために、過剰に分泌されたインスリンは、脂肪を体に貯めておこうと働きます。

 

高GI食品の糖尿病になるリスク

その結果、高GI食品をたくさん食べたり高カロリーなものを一気に食べると、インスリンがたくさん分泌され、脂肪を体に貯めるようなに体内で働いてしまうわけです。インスリンを急激に出すことで、インスリンを分泌する膵臓が疲労してしまい、糖尿病になるリスクも上がってしまいます。

 

太らないためにも、病気にならないためにも、急激な血糖値の上昇が起こらない、低GI食品を取り入れてみるのは如何でしょうか。食品自体を覚えるのは大変ですが、食物繊維が豊富な食品や豆類、野菜や海藻類を食事にプラスするだけでも、急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。